着物の処分の仕方とその行方

ずっと持っていても着なければしょうがない、という着物。

場所も取りますし、引っ越しのときとか、いろいろと人生の節目であったり、ビッグイベントがあると、身の回りのものを整理したくなるものです。

大掃除のときに、どうしようかそのままっ持っていようか、来年も着るかもしれない。

誰か期待って人がいたらあげようかな

なんて思っていてそのままズルズルときてしまいました。

これじたい持って歩くのもしんどいですし、買取業者、買い取りを行っている添付に持っていくのもなんだか恥ずかしいものもあります。

かといって査定しに訪問してもらうのもなんだか気が引けます。

着てもらって大したことない着物だったら、って思ったんですけど向こうも慣れているしそんなものかなぁ。

親戚の人がじいちゃんが亡くなったので、じいちゃんのうちにあった、大きな流木のようなテーブルを査定に出したんだけど、赤字になる、とか交通費にもならんかもって言われて凹んだとか。

それを聞くとどうなのかなって思ってしまいますけど、家と言ってそのままおいておくわけにも行かないですしね。

ネットで検索してもそれなりにあるし、こういうのって相見積とかできたら面白いなって思うんですけど、それもスゴイ有名ブランドの一点物の着物だとかそういったものならわかるんですが、私の場合は無名作家が作ったものだと勝手に思い込んでいます。

大島紬だとか結構有名なものだったら面白いんですけどね。

物を売りたい。中古だけど高く買ってくれたところは?

カテゴリー: 日記 パーマリンク